AGAの理解を深める 治療

AGAは、「男性型脱毛症」と言い、男性の身体に必要な男性ホルモンが髪の毛の成長を阻害してしまうことによって引き起こされます。AGAによる薄毛に悩んでいる人は、男性の約4~5人に1人とも言われています。髪の毛が細くなってコシが無くなり、ボリュームが無くなると、年齢より老けた印象を与えてしまうことになるため、抜け毛が気になる人は、出来るだけ早めの対処を行った方がいいでしょう。

AGAは、発毛サイクルと言う髪の毛が育つ周期が乱れてしまうことが原因です。普通の人であれば、約6~8年は成長する髪の毛が1~2年程度に短くなってしまうことで、どんどん髪の毛の密度が低くなって頭皮が見えるようになってしまいます。

AGAの対策として、発毛治療が注目されています。具体的な治療内容は、発毛を促進させる効果のある薬と、抜け毛を予防する効果のある薬の内服を続けるようになります。

しかし、薬である以上、身体にとって悪い副作用がみられるケースもあります。主な副作用としては、胃部の不快感、血圧の低下、肝機能数値の異常、性欲の減退、インポテンツなどです。また、自由診療であるAGA治療は、医療保険が適応されませんので、全額自己負担となります。経済的な負担が増えることは理解しておかなければなりません。

治療