AGAの理解を深める ドライヤー

ドライヤー

AGA対策として頭皮と髪の毛を清潔にすることは必要ですが、洗髪をした後の対処も正しいものとする。AGAと髪の毛の乾燥とのかかわりは、無関係ではありませんので、理解をしたうえで洗髪後のケアをします。髪の毛を洗ったとは、完璧に乾かしすぎても、乾かさないままでもよくはないです。

髪の毛を洗った後、乾かさないで濡れたままにすると、髪の毛は寝具や衣類との摩擦で、寝ている間に髪の毛へのダメージを加えます。しかし完全に乾かしすぎるのもよくはなく、ある程度の水分を髪の毛に残す必要があります。

髪の毛に水分がある状態は、髪の毛に弾力性をもたらしますし、潤いもある状態にしてくれます。バスタイムの後など、ドライヤーでパーフェクトに髪の毛から水分を蒸発させると、髪の毛を柔軟にさせる水分まで飛んでしまいます。髪の毛には水分がまったくなくなり、ダメージが直接髪の毛に加わりやすくなります。

水分を失った紙の毛は、毛髪のベースにあるたんぱく質も固まらせるので、弾力は消えます。髪の毛は痛みますし、抜けやすくなります。髪の毛を乾かすときには、8割くらい乾かすくらいがちょうどよいです。髪の毛を過剰にドライヤーで乾かすと、髪と頭皮も乾くので気を付けます。