AGAの理解を深める 啓発

啓発

AGAは病気なのですが、理解の進んでいない面があります。髪の毛が抜けているAGAの人を、はげと言って馬鹿にする人がいます。髪が薄くなっている人はそのことを気にしているので、悪口を言われるとストレスを感じることがあります。そのストレスが、かえってAGAを悪化させる場合もあります。この病気は、病院で治療を受けたら、良くなることを多くの人に知ってもらう必要があります。この啓発活動が進めば、恥ずかしさを感じる人も少なくなるでしょう。

現在病院で使われている薬には、この病気を改善する効果があります。もともとは、前立腺の病気の治療に使われていた薬です。男性ホルモンの生成を防ぎます。男性ホルモンは、男性が生きていくために必要なものです。具体的には社会で生きていくための活力を作りだします。しかし、それが多すぎると髪にマイナスに働きます。ヘアサイクルが短くなって、髪がしっかりと成長しなくなります。

病院の薬ですぐに治るわけではありません。しばらくそれを飲み続ける必要があります。半年ほど飲むと、効果が出てきます。髪の状態が改善してきます。髪のボリュームが増えます。このように改善できる病気なので、たとえAGAになったとしても、落ち込む必要はありません。またまわりの人に、治ることを伝える必要があります。